みずほ銀行、ATM振込手数料引き上げ 20年3月から

金融最前線
金融機関
2019/10/8 20:00
保存
共有
印刷
その他

キャッシュカードで3万円未満を振り込む際のATM手数料は、同一支店間でも無料→220円となる(東京都内のみずほ銀行の店舗)=共同

キャッシュカードで3万円未満を振り込む際のATM手数料は、同一支店間でも無料→220円となる(東京都内のみずほ銀行の店舗)=共同

みずほ銀行は8日、ATMでの振込手数料を2020年3月から引き上げると発表した。例えばキャッシュカードで3万円未満を振り込む際、同一支店間は無料、みずほ銀の他支店宛ては110円だったが、いずれも220円とする。他行宛ては220円から330円に改める。ネットバンキングでの振込手数料は据え置く。

【関連記事】 3メガバンク、手数料引き上げ ネット取引へ移行促す

低金利で収益性が落ち込んでおり、コストの低いネット取引への移行や、キャッシュレス決済など新たな収益源の利用拡大を促す狙いだ。

特典サービスの内容や条件も3月に改める。これまでは一定の条件を満たせばATMでのみずほ銀宛ての振込手数料を無料としていたが、無料の対象をネットバンキングのみとする。時間外手数料が無料となるコンビニATMの対象も、セブン銀行とローソン銀行を除外し、イーネットのみとする。一方、特典の条件に新たにQRコード決済の「Jコインペイ」の毎月利用などを加えた。

【関連記事】
銀行、休眠口座に手数料案浮上 マイナス金利を転嫁
三井住友銀行、窓口手数料を一部引き上げ 12月から
みずほ銀、窓口振込・両替手数料上げ
北海道銀行、両替手数料など引き上げ
北洋銀、両替手数料などを引き上げ 全国並に
窓口手数料引き上げ、富山信金 ネットバンキング促す

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]