/

この記事は会員限定です

[社説]安心できるゲノム編集食品を

[有料会員限定]

遺伝子を手軽に操作できる「ゲノム編集」の技術を応用した食品が年内にも食卓にのぼる。厚生労働省は10月から、開発者の届け出に先立つ相談受け付けを始めた。消費者が安心できるよう、国や開発・販売者は技術や製品の情報をわかりやすく発信してほしい。

ゲノム編集にはいくつか手法がある。遺伝子の単純な切断など、従来の品種改良や自然界の変化と同等とみなされる場合は届け出のみで販売できる。外部の遺伝子を入れた場合な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン