社会保障の知恵は地方 全国知事会長の飯泉・徳島県知事

2019/10/8 18:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全国知事会長に就任した徳島県の飯泉嘉門知事は、国と責任を共有するとの方針のもと、社会保障改革に力を入れ、財政再建でも国に協力する姿勢を示す。知事会の存在感を高めるため、知事会議の改革も進める。総務省と市町村が対立する「圏域行政」では市町村に同調する考えだ。(「日経グローカル」373号に詳報)

――国が始めた全世代型社会保障検討会議にどう関わりますか。

「都道府県は今、医療、介護、福祉のほとんどを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]