IR誘致、企業投資動く 苫小牧で2500億円の大型投資

2019/10/9 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カジノを含む統合型リゾート(IR)開業をにらみ、国内企業の動きが活発になってきた。森トラストの会長がオーナーを務める投資会社は約2500億円を投じ、2023年以降に北海道苫小牧市のIR候補地の近隣で大型リゾート施設を開業する。政府は20年にも最大で3カ所を選ぶ予定で、北海道を含む8地域が誘致を検討中だ。IRは訪日客の拡大につながるとして期待も高いが、国際競争力の確保に向けた課題も多い。

森トラス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]