万博公園アリーナ公募開始 大阪府、20年5月に事業予定者決定へ

2019/10/8 18:02
保存
共有
印刷
その他

万博記念公園(大阪府吹田市)周辺にアリーナなどを整備する計画を巡り、大阪府は8日、民間事業者からの公募を開始した。固定の観客席は最低1万人を想定し、国際的なスポーツ大会などを開催する。府は2020年5月ごろに事業予定者を決め、25年国際博覧会(大阪・関西万博)の開幕までの開業をめざす。

アリーナ内部のイメージ図(スポーツ使用時)

公募対象区域は大阪モノレールの万博記念公園前駅の南側に位置する約16.9ヘクタール。施設の開発や運営は民間事業者が担う民設民営方式とし、土地は府が貸し付ける。周辺はサッカースタジアムや商業施設などが集積。イベントが重なる日は道路の混雑が目立っており、周辺道路などの交通環境は府が整備する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]