トヨタ、6~8人乗り新型高級バン 送迎需要見込む

2019/10/8 18:00
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車は8日、最大8人が乗れる高級バンの新型車「グランエース」を年内に国内で発売すると発表した。2~3列目のシートで高級感を演出したほか、快適な車内空間も特徴とする。これまでミニバンとバンの中間の大きさで高級感を特徴とする車種はなかった。グランエース投入で、ビジネスでの多人数の送迎需要に応える。

グランエースは2019年5月以降に台湾やタイで投入した高級バン「グランビア」と同じ構造で、兄弟車種に位置付けられる。日本市場向けに走行性能などを調整した。3列シート6人乗りと4列シート8人乗りをそろえた。

2列目と3列目は本革シートで上質な印象とした。ふくらはぎを下から支える機構を採用し、足を伸ばして快適に過ごせるようにした。全長は5300ミリメートル、幅1970ミリメートル、高さが1990ミリメートル。ディーゼルエンジンエンジンを搭載する。

個人でも一定程度の需要は見込むが、大半は法人向けに販売する。価格は明らかにしていない。18年11月にトヨタからバン事業を移管されたトヨタ車体が製品開発した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]