東京都青梅市の観光振興、企業版ふるさと納税対象に

2019/10/8 19:30
保存
共有
印刷
その他

内閣府は東京都青梅市の観光振興事業を企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)の対象に認定した。市外の企業から集めた税金を、市内来訪を促すプロモーション動画や日帰りツアー商品の開発に充てる。

事業の名称は「青梅観光戦略創造プロジェクトアクションプログラム」。同市を何度も訪れる観光客を増やす目的で2017年度から始め、星空を観察するツアーなどを開発してきた。

最終年度の19年度は約1600万円をかけて御岳山山頂の宿坊や御岳渓谷の川下り体験を動画にし、市内の文化財を自転車で巡るツアーの開発などを計画している。

同市はウイルスが広がった吉野梅郷を再生させる事業でも企業版ふるさと納税対象の認定を受け、17~18年度に約650万円を集めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]