ヤフー、フリマサービス開始 ペイペイ連携、1%還元

2019/10/8 17:33
保存
共有
印刷
その他

ヤフーはスマートフォン決済アプリ「PayPay」(ペイペイ)と連携し、フリーマーケット(フリマ)サービス「PayPayフリマ」を開始した。買い物の際に「ペイペイ」の残高で支払うと決済額の1%を「ペイペイボーナス」の形で購入者に還元する。フリマアプリで新規利用者を獲得し、需要が拡大する個人間取引での決済の拡大につなげていく。

ヤフーが提供を開始した「ペイペイフリマ」のアプリの利用イメージ

ペイペイフリマは7日にサービスを開始した。ペイペイと連携し、決済額の1%を購入者に付与するのが特徴。出品者はペイペイフリマでの売り上げをペイペイの残高にチャージすることができる。機能面では価格交渉をボタンひとつでできるようにするなど簡略化し、出品者と購入者のやり取りの手間を省いた。

ペイペイフリマは基本利用料は無料。出品者は商品が売れた際に販売価格の10%を販売手数料として支払う必要がある。送料は出品者が送料を全額負担する仕組みだ。

サービス開始に伴い、出品者が負担する送料を11月30日まで無料とするキャンペーンを実施する。初回購入者を対象とした特典なども予定している。

ヤフーの主力の個人間取引サイトの「ヤフーオークション」は、フリマアプリのメルカリの攻勢を受けて苦戦が続いてきた。「ペイペイ」との連携による決済の利便性や還元率を武器に、フリマ市場で攻勢をかけていく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]