アニメ制作会社が秋田市に進出 20年4月

2019/10/8 17:11
保存
共有
印刷
その他

アニメ制作会社の代々木アート・プランニング 石垣プロダクション(東京・杉並)は2020年4月に秋田市に進出する。秋田公立美術大学の卒業生らを雇用し、アニメの背景画を制作する。9人体制で始め、数年後に20人に増やす目標だ。

秋田市に進出するアニメ制作会社の社長(左から2人目)ら関係者(8日、秋田県庁)

同社は1981年設立で、現在の従業員数は25人。アニメの背景画制作を手掛け、「名探偵コナン」「ルパン三世」「それいけ! アンパンマン」など有名な作品に関わった。手描きにこだわり、制作力や技術力が強みという。

9月に設立した全額出資子会社「GAKIproAstudio」(秋田市)が秋田駅近くにオフィスを構える。投資額は500万円。県と市が8日誘致企業受け入れ決定通知書を交付した。

同県湯沢市出身の石垣努社長は「クリエーターの宝庫、秋田公立美大があることが進出の決定打だ。秋田で若い人材を育成していく」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]