スイスなどの3氏にノーベル物理学賞 日本人受賞ならず

2019/10/8 19:04
保存
共有
印刷
その他

A screen displays the portraits of the laureates of the 2019 Nobel Prize in Physics, with left to right, James Peebles, Michel Mayor and Didier Queloz, during a news conference at the Royal Swedish Academy of Sciences in Stockholm, Sweden, on Tuesday Oct. 8, 2019. (Claudio Bresciani / TT via AP)

A screen displays the portraits of the laureates of the 2019 Nobel Prize in Physics, with left to right, James Peebles, Michel Mayor and Didier Queloz, during a news conference at the Royal Swedish Academy of Sciences in Stockholm, Sweden, on Tuesday Oct. 8, 2019. (Claudio Bresciani / TT via AP)

スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2019年のノーベル物理学賞をスイス・ジュネーブ大学のミシェル・マイヨール名誉教授ら3氏に授与すると発表した。太陽以外の星の周りを回る「太陽系外惑星(系外惑星)」の発見など、宇宙の研究で先導的な役目を果たした功績を評価した。

受賞が決まったのはほかに、ジュネーブ大のディディエ・ケロー教授と米プリンストン大学のジェームズ・ピーブルズ名誉教授。授賞理由は「宇宙の進化と宇宙における地球の位置の理解への貢献」。

太陽と似た星は宇宙に無数に存在する。それらの中には太陽系のように惑星を持つものがあると予想されていたが、長く見つからない状況が続いた。

マイヨール氏とケロー氏はペガスス座51番星と呼ぶ星の周りを回る系外惑星を発見し、1995年に発表した。公転の周期が極めて短い巨大なガス惑星で、当時、大きな驚きを与えた。

ピーブルズ氏は宇宙誕生後に生じた最古の光ともいわれる「宇宙マイクロ波背景放射」に関する理論的な研究などを通じ、宇宙の進化の解明に大きく貢献した。

授賞式は12月10日にストックホルムで開く。賞金900万スウェーデンクローナ(約9700万円)を分け合う。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]