/

この記事は会員限定です

新潟のダイニチ工業、「熱電発電」でロボット駆動へ

[有料会員限定]

暖房機器のダイニチ工業は熱エネルギーを電力に変換する技術を利用し、遠隔操作ロボットの電源に最適なシステムを構築する研究開発に乗り出した。東京大学や産業技術総合研究所などと連携し、1~2年後には試作品をロボットに積み込む計画。発電効率を大幅に高め、リチウムイオン電池など既存の動力源で課題であるロボットの駆動時間延長などにつなげる。

特殊な半導体の表裏に生じる温度差により電気が流れる仕組みを使う「熱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン