スマートシティ、日本がルールづくり主導 9日から国際会議

政治
2019/10/8 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が人工知能(AI)やビッグデータなど先端技術を活用したスマートシティーに関する国際的なルールづくりに乗り出す。交通渋滞を解消するために使うデータなどを巡り、自由な流通と個人情報保護を両立させる指針づくりを目指す。9日から横浜市で国際会議を開いて議論を始める。

会議は「グローバル・スマートシティ・アライアンス」で、内閣府がダボス会議を主催する世界経済フォーラムと共同で開く。2020年11月にサ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]