香港、19年マイナス成長も 貿易戦争とデモが直撃

2019/10/8 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大規模デモが続く香港の実質域内総生産(GDP)成長率の予測平均値は2019年が0.3%、20年は1%と、18年の3%から大幅に減速する見通しだ。ABNアムロのアリエン・ファンダイクハウゼン氏は「貿易ハブとして世界経済の減速や米中貿易戦争の打撃を受けた。抗議活動がさらなる下押し圧力となり、7~9月期に景気後退に向かう」と予想する。

デモが長引き、8月の小売売上高は前年同月比23%減るなど影響が広が…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]