日産、EVサービスに無料クーポン 充電でついで買いも

2019/10/8 15:23
保存
共有
印刷
その他

日産自動車は8日、電気自動車(EV)と充電器をつないだ誘客サービスを始めると発表した。日産車の時間貸しサービスで、EV「リーフ」利用者を対象にして、充電器があるコンビニエンスストア店で使えるクーポン券を配る。充電をきっかけにした「ついで買い」を促す狙いで、集客力、購買への効果を検証する。

EV「リーフ」の時間貸しサービスで、コンビニで使える無料クーポンを試験配布する

10月14日から約5カ月、実証実験を実施する。大手コンビニチェーンのミニストップと組み、充電器を備える関東圏の店舗25店で使える無料クーポンを配る。

日産の運営する時間貸しサービス「e―シェアモビ」で関東圏の60カ所に配備されたリーフの利用者を対象とする。効果を見極めながら、対象エリアなどを広げていく。

運転中に周辺にある店舗の場所を知り、来店につながるかを検証する。クーポンはコーヒーやスナック類など6つの商品から1つを無料で提供する。車両充電に30分ほどかかり、滞在しているあいだの買い物や飲食などを見込む。

将来は車載のナビゲーションから提携店舗のクーポンを配る仕組みをつくる。連携する業種も外食をはじめとするサービス業界へ広げる。日産は店舗からプラットフォームの利用料を徴収するビジネスモデルの構築を目指す。(山本夏樹)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]