UACJと日立、高機能アルミ開発にAI

2019/10/8 14:01
保存
共有
印刷
その他

UACJは8日、人工知能(AI)を活用した高機能アルミニウムの研究開発で日立製作所と提携したと発表した。UACJが日立の新材料開発を効率化するシステムを導入。最適な材料の探索はこれまで研究者の経験に頼っていたが、コンピューターによる材料データの分析を通じ開発期間の短縮などにつなげる。

UACJはAIを活用して高機能アルミを開発する(同社の福井製造所)

日立の「材料開発ソリューション」を活用する。「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」と呼ぶ手法で、新材料や代替材料を効率良く探索。UACJはアルミ製品の品質を高めるとともに、自動車部材の軽量化やリサイクルしやすい缶材の実用化をめざす。

日立はUACJによるシステムの活用法や取得データから、素材開発の現場ニーズなどを分析。システムの機能拡充や利便性の向上につなげる。

UACJと日立は2月に共同検証を始め、一部の素材開発から試作で行う実験回数の半減につながることなどを確認した。

今回の提携ではまずアルミの性質を調整する熱処理工程で、強度などをコントロールする方法を分析する。軽くて硬質なアルミを開発することで、軽量化のニーズが高まる自動車などへの採用が期待できるという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]