三菱自動車、ガスタービンで発電するPHV公開へ

モーターショー
自動車・機械
科学&新技術
BP速報
2019/10/8 13:10
保存
共有
印刷
その他

小型の電動SUVコンセプト車 (出所:三菱自動車)

小型の電動SUVコンセプト車 (出所:三菱自動車)

日経クロステック

三菱自動車は、小型の電動多目的スポーツ車(SUV)のコンセプト車を、25日から一般公開が始まる東京モーターショーで披露する。発電用のエンジンとして、ガスタービンエンジンを採用したのが特徴だ。

コンセプト車「MI-TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)」は、電気自動車(EV)走行モードと、エンジンで発電するシリーズ走行モードを使い分けられるプラグインハイブリッド車(PHV)。車両後部には、排気用のファンを4個搭載する。ガスタービンエンジンを採用することでシステムを小型軽量化し、小型SUVに搭載できるようにした。

排気用のファン(出所:三菱自動車)

排気用のファン(出所:三菱自動車)

駆動機構では、2個のモーターで構成する「デュアルモーターAYC」を前輪と後輪に搭載。4モーター式の電動4WD(4輪駆動)システムによって、オフロードでの走破性を高めた。

予防安全機能では、新型軽自動車「eKシリーズ」に搭載する安全運転支援システム「MI-PILOT(マイパイロット)」を採用した。また、光センサーで検知した様々な情報を、拡張現実(AR)技術を利用してフロントウインドーに映し出すヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)を搭載する。

軽自動車のコンセプト車(出所:三菱自動車)

軽自動車のコンセプト車(出所:三菱自動車)

この他に今回の展示会では、軽自動車のコンセプト車「Super Height K-Wagon Concept(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)」を公開する。SUVタイプの外観と広い車内空間を実現したほか、マイパイロットを搭載する。

中型の電動SUVコンセプト車(出所:三菱自動車)

中型の電動SUVコンセプト車(出所:三菱自動車)

さらに、2019年3月のジュネーブモーターショーで公開した中型の電動SUVコンセプト車「Mitsubishi Engelberg Tourer(ミツビシエンゲルベルクツアラー)」を出展する。前輪と後輪にモーターを1個ずつ搭載する4WD方式のPHVだ。

(日経 xTECH/日経Automotive 高田隆)

[日経 xTECH 2019年10月7日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]