電力12社「関電と同様事例なし」 経産相に2度報告

2019/10/8 18:59
保存
共有
印刷
その他

菅原一秀経済産業相は8日の閣議後の記者会見で、関西電力役員らの金品受領問題を巡り、7日までに電力12社の社長から同様の事例がないと2度目の報告を受けたことを明らかにした。関電が立ち上げる第三者委員会については「(報告がまとまるのが)年内ではあまりに悠長だ」と批判し、早急に調査を進めるよう要請した。

調査対象は関電を除く大手電力9社と、原子力関連事業を手がけるJパワー、日本原子力発電、日本原燃。菅原氏は4日の記者会見でも電気事業連合会を通じて8社から同様の事例がないと回答があったことを明らかにしていた。菅原氏は「関電の事案を考え、各社にもう一度調査するよう指示を出した」と話した。

関電は今後、社外の専門家で構成する第三者委員会で調査の対象や期間を広げて再調査する方針だ。年内にも報告書をまとめるとしているが、菅原氏は「可及的速やかに正確な情報を明らかにしてほしい」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]