寝たきり脱しリハビリ開始 京アニ事件の青葉容疑者 車いすに座れるまで回復

2019/10/8 14:00
保存
共有
印刷
その他

京都アニメーションのスタジオ(京都市)で起きた放火殺人事件で、重いやけどで大阪府内の病院に入院中の青葉真司容疑者(41)=殺人などの容疑で逮捕状=が、寝たきりの状態を脱し、座った状態でのリハビリを始めたことが8日、関係者への取材で分かった。逮捕状の執行には勾留に耐えられるとの医師の判断が前提で、逮捕の見通しは立っていない。

関係者によると、車いすに座れる程度まで回復し、今後は歩行の訓練も予定されている。青葉容疑者は発声でき、簡単な会話をしているが、事件については言及していないという。

青葉容疑者が病院で話をしても、裁判で供述の任意性が争われる可能性があり、京都府警は取り調べの進め方を慎重に検討している。

関係者によると、青葉容疑者は皮膚移植手術を重ね、8月上旬にはヤマ場を越え、ほぼ命に別条がない状態になっていた。

青葉容疑者は7月18日午前10時半ごろ、京都市伏見区の京アニ第1スタジオに玄関から侵入し、ガソリンをまいて火を付けた疑いがある。事件では、スタジオにいた社員70人のうち36人が死亡し、33人が重軽傷を負った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]