「目立たぬ存在」敗北バネに飛躍 田中史朗選手

ラグビーW杯
2019/10/8 10:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラグビーワールドカップ(W杯)に3大会連続の出場を果たした日本代表のスクラムハーフ、田中史朗選手(34)。今大会も途中出場ながら貴重なトライを演出し、3連勝に貢献した。小柄で、京都市立伏見工業高(現京都工学院高)時代の恩師らは「最初は目立たない存在だった」と口をそろえる。負けん気と陰の努力で成長し、桜の戦士に欠かせぬ存在になった。(丸山景子)

【関連記事】
・関西ラグビー W杯日本大会への軌跡
・田中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]