その他スポーツ

NBAの「二枚舌」に批判 香港デモ巡る声明、米中で相違

2019/10/8 7:11
保存
共有
印刷
その他

NBAロケッツ幹部の「香港デモ支持」発言が波紋を呼んでいる=ロイター

NBAロケッツ幹部の「香港デモ支持」発言が波紋を呼んでいる=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】米プロバスケットボールの人気チーム「ヒューストン・ロケッツ」の幹部が香港の抗議デモを支持する内容をツイッターに投稿した問題を巡り、米プロバスケットボール協会(NBA)の対応が波紋を呼んでいる。中国企業との提携解消などビジネス面に影響が広がるなか、NBAは6日に英語と中国語で内容が異なる声明を発表。中国との関係を重視する姿勢に、米国内の政治家から批判が高まっている。

きっかけとなったのは、ロケッツのゼネラルマネジャー(GM)のダリル・モーリー氏が4日、ツイッターに「自由のために戦おう。香港と一緒に立ち上がろう」と投稿したこと。香港デモを支持する発言に中国では批判が高まり、ビジネスへの影響が拡大した。

これを受けてNBAは6日、「モーリー氏が表明した意見は、中国の友人やファンを怒らせたと認識している。NBAを代表した意見ではないと明らかにした一方、自分にとって重要なテーマについて意見を共有する行為は支持する」と英語でコメントを出した。

しかし、米メディアによると中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」で公表した中国語コメントはニュアンスが異なる。「モーリー氏の不適切な発言には非常に失望している。彼は間違いなく中国の友人やファンを傷つけた。NBAの価値観のもと、興味のあるテーマや意見を共有できる」と述べたという。

モーリー氏も問題となった投稿を削除し、「中国のファンやスポンサーを怒らせるつもりはなかった」と謝罪。しかし、NBAがモーリー氏の発言を「不適切」とし、中国に寄り添ったコメントを出したことに批判が集まっている。

共和党のテッド・クルーズ上院議員は「ロケッツファンとしてモーリー氏の発言を誇りに思った。多大な利益を追求するため、発言を撤回させるとはNBAは恥知らずだ」と批判。民主党のベト・オルーク前下院議員も「NBAが謝罪すべきことは、人権よりも利益を露骨に優先したことだ。なんと恥ずかしいことだ」と述べた。

前オバマ政権で住宅都市開発長官を務めたジュリアン・カストロ氏は、「中国は経済力を使い、アメリカ人による批判さえ封じている」と述べており、中国に対する批判も強まっている。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

女子シングルス6回戦を突破した石川佳純(17日、丸善インテックアリーナ大阪)=共同

 卓球の全日本選手権第5日は17日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、シングルスで女子の東京五輪代表勢は、3連覇を狙う伊藤美誠(スターツ)と石川佳純(全農)が5、6回戦に勝って準々決勝に進ん …続き (20:44)

高梨沙羅の1回目の飛躍(17日、クラレ蔵王シャンツェ)=共同

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子蔵王大会第1日は17日、山形市のクラレ蔵王シャンツェ(ヒルサイズ=HS102メートル)で個人第6戦が行われ、高梨沙羅(クラレ)が92.5メートル …続き (20:42)

(17日・横浜国際プールほか)
▽男子レッドブロック
三菱電機   3―0 リ コ ー
 (6勝)      (3勝3敗)
橋本総業   3―0 ワールド航空
 (6勝)      (1勝5敗)
伊予銀行   3 …続き (16:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]