データから無駄な業務を即座に発見 独社が日本で

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/10/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

データ分析サービスの独セロニスが日本市場に本格参入した。日本法人を設立し、国内システム開発会社と販売協業契約を結んだ。セロニスは業務の工程ごとにデータを分析して、無駄な工程を洗い出す「プロセスマイニング」サービスで成長してきた。日本でもこのサービスを広めることで、日本企業の業務効率化を後押しする考えだ。

日本法人としてセロニス(東京・千代田、小林裕亨社長)を設立した。「IBC」と呼ぶプロセスマイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]