スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

高3橋本、鮮烈デビュー 4種目でチームトップの得点

2019/10/7 23:15
保存
共有
印刷
その他

谷川翔が跳馬や床運動で転倒し、左足首捻挫で出場種目を絞った兄の航も全て13点台と精彩を欠いた。主軸と目された谷川兄弟の不振は日本にとって大きな誤算だが、良い意味で予想を大きく裏切る存在が暗いムードを吹き飛ばす光となった。高校3年生の橋本だ。

 男子予選での橋本大輝のあん馬=共同

男子予選での橋本大輝のあん馬=共同

【関連記事】世界体操 日本男子は団体暫定3位
 最初のあん馬は長い脚を伸びやかに回転させて14.883点の高得点。出来栄えを示すEスコアの8.883点という数字に「海外では自分の体操が評価されるとわかった」。跳馬で大技「ロペス」、鉄棒でもG難度の「カッシーナ」を華麗に決め、出場した4種目全てでチームトップの得点を挙げる大活躍だ。先輩の萱も「もう言うことなし、百点満点。スーパールーキーですね」。

合宿で「会場の雰囲気にのまれるかも」と不安をもらしていたのが別人のように「ワクワクの方が大きくて、ほぼ緊張は感じなかった」。演技が終わると両腕を広げて観客をあおり、派手なガッツポーズを繰り返してノリのいいドイツの体操ファンを味方につけた。初の世界の舞台を「めちゃめちゃ楽しかったです」と言い切る大物ぶりだ。

水鳥寿思・強化本部長も興奮気味に「期待以上。東京五輪に向けて欠かせない選手だなと。僕らもすごくワクワクしたというか、すごい強さを感じました」。日本の未来も明るく照らす鮮烈な世界デビューだ。

(シュツットガルト〈ドイツ〉=本池英人)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
インタビューに答えるJOCの山下会長

 24日で東京五輪開幕まで半年。各競技で徐々に代表が決定し、選手にとっても本番への準備が本格化してくる。昨年6月、日本オリンピック委員会(JOC)会長に就任した山下泰裕氏はどのように自国開催の五輪を成 …続き (1/24)

 24日で東京五輪の開幕まで半年となった。各競技で代表に内定する選手が少しずつ出る中、多くの競技で春までに選考レースが佳境を迎える。自国開催の晴れ舞台を目指し、有力選手たちがラストスパートをかける。
…続き (1/24)

ガーナ出身の父、日本人の母を持つ岡沢

 近年国内外の統括団体で問題が露呈し、東京五輪に向けてマイナスイメージを負ったボクシングだが、日本勢は精鋭ぞろいだ。中でもエース格なのが初出場だった昨年の世界選手権で8強入りし、メダルにあと一歩と迫っ …続き (1/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]