/

この記事は会員限定です

神崎公明党元代表「小泉時代、対立経て関係強く」

自公連立20年

[有料会員限定]

自民、公明両党が1999年に連立を組んで20年が経過した。連立入りを決めた当時の公明党代表、神崎武法氏に自公連立政権への評価と展望を聞いた。

――20年間の自公連立政権が日本の政治にもたらしたものは何ですか。

「政治の安定が大きい。連立は金融危機への対応から始まった。その後20年、世界で政治が不安定な国が多いなか日本は突出して安定している。だからこそ時代の変化に手を打てた」

――連立離脱を考えたこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り939文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン