比でベビーリーフ栽培、光延農園 天草の技術活用

2019/10/8 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

種苗・農業資材販売の光延農園(熊本県天草市)は、フィリピンで現地の農業法人と連携し、ベビーリーフ(幼葉)の栽培に乗り出した。天草同様に高温多雨で野菜栽培に苦労しているフィリピンで営農を支援し、海外でのベビーリーフ販売や農業資材の輸出拡大につなげる。

フィリピンの農業法人、L・ネグロス社(バコロド市)と連携し、西ネグロス州にある同社の圃場でレタスやキャベツ、葉物類のほか、ハーブや野菜といった有機種…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]