好漁場「大和堆」の違法操業やまず 北朝鮮漁船衝突

朝鮮半島
2019/10/7 20:23 (2019/10/7 23:17更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の排他的経済水域(EEZ)内、日本海の大和堆付近で7日、北朝鮮の大型漁船が水産庁の漁業取り締まり船と衝突、沈没した。大和堆付近は日本海有数の好漁場とされ、近年、北朝鮮などの漁船による違法操業が増えている。同庁や海上保安庁は監視を強めているが、洋上での対応には限界もあり対策は決め手を欠いている。

水産庁などによると、事故は7日午前9時7分ごろ、能登半島の北西約350キロの海域で発生。漁業取り締…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]