ひふみ投信社長、「5G、地方で働く契機」富山で起業塾

北陸
2019/10/8 6:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内最大の日本株投資ファンドで「ひふみ投信」を運営するレオス・キャピタルワークス(東京・千代田)の藤野英人社長が富山県朝日町で「起業塾」を始めた。自身が買い取った古民家などを使い、全国で起業や街おこしのプロジェクトに関わる人が集う場を設けている。富山県東端の過疎化が進む町を拠点に人を育てる狙いを聞いた。

――朝日町は人口約1万1千人で有識者会議では「消滅可能性都市」と指摘されました。なぜ朝日町を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]