無線草刈り機、国内外を開拓 松山のアテックス

2019/10/7 19:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農業・運搬用機械メーカーのアテックス(松山市)はエンジンとモーターを併用するハイブリッド型の無線草刈り機を開発し、国内外の需要開拓に力を入れている。今後、全地球測位システム(GPS)を活用した自動運転型の機種の実用化にも注力。農業・建設用の運搬車、人用の電動車事業と合わせ、収益拡大のけん引役を目指す。

今春に生産を開始した無線草刈り機について、村田雅弘社長は「当初の見込みに比べ倍増のペース」と手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]