憲法・消費増税・関電で論戦 衆院代表質問スタート

憲法改正
消費税10%
2019/10/8 1:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相の所信表明演説への各党代表質問が7日の衆院本会議で始まった。立憲民主党や国民民主党などが結成した共同会派からは立民の枝野幸男代表、自民党は林幹雄幹事長代理が質問に立った。枝野氏は消費税増税に伴う事業者の負担増を指摘。所信表明演説で首相が呼びかけた憲法議論には回答を示さなかった。

■消費税

 枝野氏「ポイント還元制度そのものに問題がある」
 首相「制度のさらなる周知を図り、より多くの中小店舗…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]