/

この記事は会員限定です

レオパレスに群がる逆張り投資家

証券部 太田明広

[有料会員限定]

施工不良問題に揺れるレオパレス21に逆張り投資家が群がっている。大量保有報告書によると、英運用会社のオデイ・アセット・マネジメント、国内運用会社のアルデシアインベストメントなど3社が9月末までで発行済み株式の4割強を握る。いずれも経営に問題があって株価の低迷する企業に好んで投資する逆張り投資家と見られる。市場では「レオパレスの経営に関与を強めるのでは」と思惑を呼んでいる。

東京・銀座の雑居ビル2階。「郵便物の受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1432文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン