/

この記事は会員限定です

ふるさと納税、法廷へ 総務省に勝ち目はあるか

編集委員 斉藤徹弥

[有料会員限定]

ふるさと納税の規制をめぐる総務省と大阪府泉佐野市の対立は司法の場で決着を図ることになった。双方の主張を審理した第三者機関の国地方係争処理委員会は、泉佐野市を制度から外した根拠が不適当だとして再検討を勧告。だが総務省が問題ないとして突っぱね、泉佐野市は総務省を相手取って高裁に提訴する方針を表明した。勝算はどちらにあるのだろうか。

「驚きをもって受け止めた。法律が変わり、それによって遡及して物事を決め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン