/

この記事は会員限定です

インドネシア、国有施設の売却検討 首都移転の資金捻出

[有料会員限定]

【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシア政府は2024年の開始をめざす首都移転で、現在の首都ジャカルタにある国有施設などの民間への売却や賃貸の検討を始めた。新首都建設費用は3兆円超と巨額。資金の確保を疑問視する声も出るなか自前の財源を手当てする。

ジョコ大統領は8月、首都をボルネオ(カリマンタン)島東部の国有林内に移すと発表した。新首都建設にかかる466兆ルピア(3.5兆円)のうち国家予算で賄えるのは2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り709文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン