/

「甲武信」エコパークに登録証

山梨、埼玉、長野、東京の4都県にまたがる「甲武信」地域を、自然と人間の共生を目指す生物圏保存地域「エコパーク」とする登録証の授与式が7日、甲府市内で開かれた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の日本ユネスコ国内委員会副事務総長から、甲武信ユネスコエコパーク推進協議会会長の長崎幸太郎・山梨県知事に登録証が手渡された。

「甲武信ユネスコエコパーク」の登録証を受け取る山梨県の長崎幸太郎知事(右)(7日、山梨県立図書館)

長崎知事は「水源地としての豊かなエコシステム、天然資源を継続的に活用する努力が評価された。この長所をしっかり伸ばすように努力するとともに、地域資源を生かした継続的な発展に取り組みたい」と述べた。

続いて、推進協議会が開かれ、認知度の低さが課題の一つで、情報発信やブランド推進事業に重点を置くことが確認された。「甲武信」のブランド化を推進するためのワーキンググループ設置やロゴマークの作製などが承認された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン