東京都、市場活性化へ運営形態検討 統廃合が焦点に
岐路に立つ市場 豊洲開場1年(下)

2019/10/8 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

9月30日の早朝、小池百合子知事は世田谷市場(世田谷区)の花きの仲卸売り場などを視察した。小池氏が都の中央卸売市場を訪れるのは7カ所目だ。小池氏は市場の現状をこう語る。「課題はあると思うが、あるべき姿をいま模索しつつある」

都内に計11カ所ある中央卸売市場は豊洲市場(江東区)に限らず、取扱量の低落傾向が続く。生鮮品の直接取引が増え、市場の存在感は薄まる一方だ。東京も人口が2025年をピークに減少…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]