/

この記事は会員限定です

三菱UFJ、邦銀初の豪ドル建て環境債

[有料会員限定]

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)はこのほど、オーストラリアドル建てのグリーンボンド(環境債)を日本の金融機関で初めて発行した。調達資金は二酸化炭素(CO2)排出の少ないビルや再生エネルギー関連案件に投じる。米ドルやユーロ建てで発行してきたが、環境意識の高いオーストラリアからも資金を集め、投資家の裾野を広げる狙い。

発行額は5億豪ドル(約360億円)で、年限は5年。固定金利と変動金利の2種類を用意した。発行額の2倍近い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン