静岡の地域劇団、NYで蜷川幸雄作品以来の成功
SPAC「アンティゴネ」、世界標準の制作実る

カバーストーリー
アートレビュー
2019/10/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の地域劇団が、演劇の街ニューヨークで大きな反響を呼び起こした。宮城聡ひきいるSPAC(静岡県舞台芸術センター)が、フランスの世界的演劇祭に続いて成功を収めたのだ。非営利の公共劇場で専属劇団を育て、時間をかけて創作する。そんな「世界標準」の演劇のあり方が、欧米の評価を押し上げている。

ニューヨークで、SPACへの評価はチケットの高騰にあらわれた。約千席の会場で9月25日から12公演が行われたが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]