信金の店舗閉鎖ペースが加速
(列島発)

地域金融
金融機関
地域総合
2019/10/7 18:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地方の信用金庫が店舗閉鎖のペースを速めている。しずおか焼津信用金庫(静岡市)は70カ所ある店舗を統廃合し、支店数を2割減らす計画を表明した。青い森信用金庫(青森県八戸市)も2割以上店舗を統廃合する。経費負担が重い店舗網を縮め、手厚い経営支援や相談業務に対応する人員を確保する狙いがある。

しずおか焼津信金はしずおか信金と焼津信金が合併し、7月に発足した。2信金は県中部の営業地域が重なっており、道路…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]