外国語でDJポリス インドネシア警察官が福岡で体験

2019/10/7 13:53
保存
共有
印刷
その他

「自転車の交通ルールを守りましょう」。インドネシア国家警察の男性警察官が7日、福岡市南区の大橋駅前で「DJポリス」を体験した。インドネシア語と英語を織り交ぜながら、通勤通学途中の人々に信号順守などを呼びかけた。

インドネシア語と英語で交通安全を呼びかけた(7日、福岡市)

福岡県警は9~10月、警察庁と独立行政法人国際協力機構(JICA)が手がけるプログラムの一環で、同国の警察官を受け入れている。10月3日からは警察署研修をしており、DJポリス体験は南署が初めて企画した。

7日はインドネシアの警察官が外国語で呼びかけた後、日本人警察官が日本語に訳して呼びかけていた。南署によると、管内の自転車と歩行者間の事故件数は増加傾向にある。同地域は外国人居住者も多いため、研修を活用して注意喚起に取り組んだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]