女性の悩みに対応、大丸梅田が新売り場

2019/10/7 13:51
保存
共有
印刷
その他

大丸松坂屋百貨店は11月22日、大丸梅田店(大阪市)の5階に女性特有の悩みに対応した新しい売り場を設ける。婦人服の売り場を縮小し、生理用品や漢方薬などを扱う17の専門店を入れる。大丸梅田店の婦人服売り場は20~40代の女性が主な顧客層だった。フロアの改装で体調の変化などに悩む中高年女性の需要を取り込む。

新しい売り場の名前は「michikake(ミチカケ)」。売り場面積は893平方メートルあり、女性の下着や肌着などを扱う「エミリーウィーク」やサプリメント専門店「ヘルシーワン」などが入居する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]