大黒島のオオセグロカモメ 動物学者 今泉忠明

エッセー
2019/11/8 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

40年ほど前、北海道大学の動物行動学の先生から厚岸沖の大黒島でオオセグロカモメを観察することを聞いた。同行の許可をもらいカモメの繁殖期の6月に大黒島へ渡った。島は南北に細長く、北にコンブ漁の番屋が並び、南の標高105メートルの最高地点に灯台があった。カモメはその下に広がる急斜面に集団で営巣していたから、毎日超望遠レンズを担いで番屋から通った。

カモメで興味深いのは親子のコミュニケーションである。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]