ノーベル物理学賞8日発表、細野氏ら候補 宇宙関連も

ノーベル賞
科学&新技術
2019/10/8 8:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スウェーデン王立科学アカデミーは8日午後6時45分ごろ、ノーベル物理学賞を発表する。日本人の受賞があるのか注目だ。

物理学賞は、主に「物質の性質を探る」「宇宙の理解を深める」「極微の世界に迫る」という分野が受賞対象になる。慣例通りならば、宇宙の理解を深める素粒子物理学や天文学などの分野から選ばれる年だ。

日本人では宇宙が誕生直後に急膨張したとする「インフレーション理論」を提唱した佐藤勝彦東京大学…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]