東南アに垂れ込める「資源ナショナリズム」の暗雲
アジア総局長 高橋徹

Asia Analysis
コラム(国際)
東南アジア
2019/10/7 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

わずか3週間での「正常化」に世界、とりわけ東南アジア諸国はほっと胸をなで下ろしたはずだ。

サウジアラビアは10月3日、9月半ばに無人機などの攻撃を受けて一時は半分以上を失った原油生産量が、攻撃前の水準を回復したと表明した。

数カ月がかりと思われた復旧を早期に終え、サウジは世界最大の原油輸出国の面目を保った。だが、中東情勢が緊迫するなか、世界各国はエネルギー安全保障の重要性を改めて意識させられた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]