関電社内処分、一部で決定 監査役には事後報告
金品受領

2019/10/7 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力の役員ら20人が福井県高浜町の元助役(今年3月に死去)から金品を受領した問題で、社長の報酬一部返上などの社内処分が監査役会に事後報告されていたことが7日、分かった。社内処分は自身も金品を受け取った岩根茂樹社長ら経営陣の一部が決定し、取締役会への報告や公表の必要もないと判断した。監査役会も機能不全が指摘されており、処分の客観性を含めた関電のガバナンス(企業統治)が改めて問われそうだ。

今後…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]