日本企業のアフリカ投資、覚書実行は2割弱

中東・アフリカ
2019/10/7 9:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の旗振りにもかかわらず、日本企業がアフリカ投資に二の足を踏んでいる。日本とアフリカ企業が結んだ事業化の覚書のうち、実現したのはこの3年間で2割以下にとどまることが分かった。アフリカ側の資金不足などがネックとなっている。政府は「アフリカ開発会議(TICAD)」を主催して日本企業にアフリカ投資を促しているが、官民の認識には差があるようだ。

アフリカ進出支援を手掛けるコンサルティング会社アフリカビ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]