スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

日本馬はキセキの7着最高 凱旋門賞、エネイブル2着

2019/10/7 0:14
保存
共有
印刷
その他

【パリ=共同】フランス競馬の第98回凱旋門賞(2400メートル芝、G1)は6日、パリロンシャン競馬場で12頭が出走して行われ、日本馬はクリストフ・スミヨン騎乗のキセキ(5歳牡馬、角居勝彦厩舎)の7着が最高だった。

凱旋門賞で7着だったキセキ(6日、パリロンシャン競馬場)=共同

凱旋門賞で7着だったキセキ(6日、パリロンシャン競馬場)=共同

川田将雅騎乗のブラストワンピース(4歳牡馬、大竹正博厩舎)は11着、クリストフ・ルメール騎乗のフィエールマン(4歳牡馬、手塚貴久厩舎)は最下位の12着に終わり、初挑戦から50年の今年も初制覇は成らなかった。武豊騎乗のソフトライト(フランス)は6着だった。

5歳牡馬のヴァルトガイスト(フランス、ブドー騎乗)が史上初の3連覇を目指した5歳牝馬のエネイブル(英国、デットーリ騎乗)を差し切って優勝した。

1969年のスピードシンボリ以来、日本馬は今年の3頭を含め延べ26頭が参戦し、2012、13年のオルフェーヴルなど4度の2着が最高。

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

北海道日高町のヴェルサイユファームで余生を過ごすGI馬「ローズキングダム」

 競走馬生産のヴェルサイユファーム(北海道日高町)が不特定多数から小口資金を調達するクラウドファンディング(CF)で現役を引退した競走馬の飼育環境改善に乗り出した。集めた資金は老朽化した厩舎の建て替え …続き (11日 1:00)

第44回エリザベス女王杯で(右から)1着のラッキーライラック、2着のクロコスミア、3着のラヴズオンリーユー(10日、京都競馬場)=共同

 第44回エリザベス女王杯(10日・京都11R2200メートル芝18頭、G1)3番人気のラッキーライラック(クリストフ・スミヨン騎乗)が2分14秒1で制してG1・2勝目を挙げ、1着賞金1億500万円を …続き (10日 17:08)

 第55回福島記念(10日・福島11R2000メートル芝16頭、G3)1番人気のクレッシェンドラヴ(内田博幸騎乗)が1分59秒5で優勝し、重賞初制覇を果たした。
 道中、中団の外を進んだクレッシェンドラ …続き (10日 16:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]