/

ソフトバンクが逆王手 3番柳田、快音を連発

負ければ終わりの崖っぷち。制球に苦しむ先発バンデンハークが先行を許すたび、主砲のバットがソフトバンクの暗雲を吹き飛ばした。

一回、柳田が右中間に本塁打を放つ(6日、ヤフオクドーム)=共同

1点を先制された直後の一回2死。楽天・美馬の変化球を打ち上げた柳田は悔しそうに視線を落とした。「詰まっていたので」。本人の感触は物足りなくても右中間への飛球はテラス席に届いた。三回2死一塁からは左中間を破る適時二塁打で再び振り出しに戻した。

「3番に柳田を置き、点を取られてもすぐに取り返せたのが大きかった」と工藤監督。7月にあわや完全試合の快投を許した苦手の美馬対策として上位に左打者を並べた。4番から3番に繰り上げた柳田が生きた。

今季全試合に出場した松田宣に代わる6番福田も当たった。同点の四回先頭で放った「今年一番の当たり」は右翼席中段への決勝弾に。期待に応えた福田は「配球を頭に入れて狙い球を絞れた。3位の楽天さんに負けるわけにはいかない。僕たちが西武さんに挑戦する」と意気込んだ。

9月1日以来となる一発に「もどかしさはなかったが、迷惑をかけて申し訳ない気持ちはあった。(打撃の感覚は)まだまだすっきりしないけど、貢献できたのは良かった」と柳田。自身の調子にかかわらず、主砲はチームの命運を背負う。ファイナルステージへの切符も、そのバットに懸かってこよう。(吉野浩一郎)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン