デジタル課税、国別の税額算出難しく

2019/10/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済協力開発機構(OECD)が9日にデジタル課税で国際ルールの新枠組み案を示し、国際社会は目標とする2020年の最終合意に一歩近づく。新ルールは各国が執行しやすく、税収の激変がないことが求められている。各論では詰めるべき点が多い。

新ルールの肝は、ブランド力や認知度のように、消費者の存在を裏付けとする「無形資産」から生まれた利益への課税だ。だが、無形資産の利益と通常の利益を正確に分割することは極…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]