/

この記事は会員限定です

デジタル課税、国別の税額算出難しく

[有料会員限定]

経済協力開発機構(OECD)が9日にデジタル課税で国際ルールの新枠組み案を示し、国際社会は目標とする2020年の最終合意に一歩近づく。新ルールは各国が執行しやすく、税収の激変がないことが求められている。各論では詰めるべき点が多い。

新ルールの肝は、ブランド力や認知度のように、消費者の存在を裏付けとする「無形資産」から生まれた利益への課税だ。だが、無形資産の利益と通常の利益を正確に分割することは極め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン