/

プロ野球400勝投手、金田正一さん死去 86歳

プロ野球歴代最多の通算400勝を達成し、ロッテ監督も務めた金田正一(かねだ・まさいち)さんが6日、急性胆管炎による敗血症のため、東京都内の病院で死去した。86歳だった。巨人軍が同日発表した。 告別式は近親者のみで行う。喪主は長男・賢一さん。後日、お別れの会を行う予定。

死去した金田正一さん=共同

愛知県出身。愛知・享栄商(現享栄高)を中退し、1950年国鉄スワローズ(現ヤクルト)入り。長身、左腕からの荒れ気味の速球を武器に頭角を現し、翌51年にはエース格にのし上がった。援護に恵まれない弱小球団国鉄で、64年まで14年連続20勝以上のプロ野球記録を樹立した。

65年に当時実施されていた年功選手の特権を行使して巨人へ移籍。69年まで投げ、400勝のほかに最多完投、最多投球回、最多奪三振などの通算最高記録を作った。

実働20年。タイトル獲得は最多勝3回、最優秀防御率3回、最多奪三振10回。ベストナインには3回選ばれ、本格速球派投手に与えられる沢村賞を3回受賞した。88年に野球殿堂入り。

現役引退後の73年から78年までと、90年から91年までの2度、通算8シーズンにわたってロッテの監督を務めた。監督2年目の74年、当時2シーズン制だったパ・リーグの後期を制し、阪急(現オリックス)と争った年度優勝決定のプレーオフに勝って優勝。中日との日本シリーズにも勝ち、日本一になった。

プロ野球日本シリーズで始球式を務める元ロッテ監督の金田正一さん(2010年11月)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン