プロ野球

プロ野球400勝投手、金田正一さん死去 86歳

2019/10/6 20:49
保存
共有
印刷
その他

プロ野球歴代最多の通算400勝を達成し、ロッテ監督も務めた金田正一(かねだ・まさいち)さんが6日、急性胆管炎による敗血症のため、東京都内の病院で死去した。86歳だった。巨人軍が同日発表した。 告別式は近親者のみで行う。喪主は長男・賢一さん。後日、お別れの会を行う予定。

死去した金田正一さん=共同

死去した金田正一さん=共同

愛知県出身。愛知・享栄商(現享栄高)を中退し、1950年国鉄スワローズ(現ヤクルト)入り。長身、左腕からの荒れ気味の速球を武器に頭角を現し、翌51年にはエース格にのし上がった。援護に恵まれない弱小球団国鉄で、64年まで14年連続20勝以上のプロ野球記録を樹立した。

【関連記事】 快速球でけん引、奔放の裏で猛練習 金田正一さん死去

65年に当時実施されていた年功選手の特権を行使して巨人へ移籍。69年まで投げ、400勝のほかに最多完投、最多投球回、最多奪三振などの通算最高記録を作った。

実働20年。タイトル獲得は最多勝3回、最優秀防御率3回、最多奪三振10回。ベストナインには3回選ばれ、本格速球派投手に与えられる沢村賞を3回受賞した。88年に野球殿堂入り。

現役引退後の73年から78年までと、90年から91年までの2度、通算8シーズンにわたってロッテの監督を務めた。監督2年目の74年、当時2シーズン制だったパ・リーグの後期を制し、阪急(現オリックス)と争った年度優勝決定のプレーオフに勝って優勝。中日との日本シリーズにも勝ち、日本一になった。

プロ野球日本シリーズで始球式を務める元ロッテ監督の金田正一さん(2010年11月)

プロ野球日本シリーズで始球式を務める元ロッテ監督の金田正一さん(2010年11月)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

1位指名を受け、駆けつけた広島・佐々岡新監督(左)とポーズをとる明治大の森下暢仁投手(17日、東京都千代田区)=共同

 プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれ、アマチュア球界一の豪腕として注目された岩手・大船渡高の佐々木朗希投手は日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団が1位指名で競合し、抽選の結果、ロッテが交 …続き (17日 19:42)

ロッテがドラフト1位で交渉権を獲得した佐々木朗希=共同

 プロ野球のドラフト(新人選手選択)会議が17日、東京都内のホテルで開かれた。最速163キロで「令和の怪物」とも称される佐々木朗希(岩手・大船渡高)は西武、楽天、ロッテ、日本ハムの4球団が1位指名し、 …続き (17日 17:28)

今夏の岩手大会で注目された大船渡の佐々木朗希投手=共同

 プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれる。目玉は最速163キロで「令和の怪物」とも言われる佐々木朗希(岩手・大船渡高)と、今夏の甲子園で準優勝した奥川恭伸(石川・星稜高)の2人の高校生投手 …続き (16日 20:54)

ハイライト・スポーツ

[PR]