中南米で日本の慣習伝授 外務省、日系労働者の受け入れ拡大

政治
中南米
2019/10/6 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外務省は2020年度にも、ブラジルなどの中南米諸国で日本の企業文化や生活の慣習を伝授する講習会を始める。日系人を中心に日本での就労に対する理解を深め、受け入れ拡大につなげる。

20年度予算の概算要求に関連経費を計上した。「3S」として知られる整理、整頓、清掃など日本の企業文化の講座を開くほか、日本語や日本の社会制度に関する理解も広げる。

国内では人手不足に悩む企業が多く、政府は外国人の受け入れ拡…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]